日ごとの福音へようこそ!

毎日のごミサの聖書朗読テキストを、Eメールでお届けします!
皆さんの信仰が養われますように!
読者登録した翌日からメールが届きます!
自宅で、職場で、移動中、外出先でも!自由な時間を使って、み言葉を親しい友にしましょう!
日ごとの福音チームより

カトリック教会より

信仰の糧
今日のために

第一朗読

創世記6・5-8、7・1-5、10

ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。

創世記

6・5主は、地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって、6地上に人を造ったことを後悔し、心を痛められた。7主は言われた。

「わたしは人を創造したが、これを地上からぬぐい去ろう。人だけでなく、家畜も這うものも空の鳥も。わたしはこれらを造ったことを後悔する。」8しかし、ノアは主の好意を得た。

7・1主はノアに言われた。

「さあ、あなたとあなたの家族は皆、箱舟に入りなさい。この世代の中であなただけはわたしに従う人だと、わたしは認めている。2あなたは清い動物をすべて七つがいずつ取り、また、清くない動物をすべて一つがいずつ取りなさい。3空の鳥も七つがい取りなさい。全地の面に子孫が生き続けるように。4七日の後、わたしは四十日四十夜地上に雨を降らせ、わたしが造ったすべての生き物を地の面からぬぐい去ることにした。」5ノアは、すべて主が命じられたとおりにした。

10七日が過ぎて、洪水が地上に起こった。

答唱詩編

詩編29・3a+4、10+11

主はわれらの支え、主はわれらの柱。

詩編29

29・3a主のみ声は水を治め、
その声には力があり、
4主のみ声には威厳がある。

10主はとこしえに王座に着き、
11主はその民に力を与え、
平和をもって祝される。

福音朗読

マルコ8・14-21

アレルヤ、アレルヤ。わたしを愛する人はわたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛し、私たちはその人のもとに行く。アレルヤ、アレルヤ。

マルコによる福音

そのとき、8・14弟子たちはパンを持って来るのを忘れ、舟の中には一つのパンしか持ち合わせていなかった。15そのとき、イエスは、「ファリサイ派の人々のパン種とヘロデのパン種によく気をつけなさい」と戒められた。16弟子たちは、これは自分たちがパンを持っていないからなのだ、と論じ合っていた。17イエスはそれに気づいて言われた。「なぜ、パンを持っていないことで議論するのか。まだ、分からないのか。悟らないのか。心がかたくなになっているのか。18目があっても見えないのか。耳があっても聞こえないのか。覚えていないのか。19わたしが五千人に五つのパンを裂いたとき、集めたパンの屑でいっぱいになった籠は、幾つあったか。」弟子たちは、「十二です」と言った。20「七つのパンを四千人に裂いたときには、集めたパンの屑でいっぱいになった籠は、幾つあったか。」「七つです」と言うと、21イエスは、「まだ悟らないのか」と言われた。